甘酒のつくり方

材料

  • 麹:500g
  • お湯:1リットル
  • 塩:耳かき1杯分

用具

  • 炊飯ジャー
  • 温度計
  • ボウル

つくり方

amazake_01 amazake_02
(1) 炊飯ジャーに60℃のお湯を準備し、保温ボタンを押します。麹をほぐして入れよくかき混ぜます。ふたは閉めず布巾をかけ、8~10時間保温します。2時間おきにかき混ぜ、温度は50℃~55℃に保ちます。
※温度があがった場合はコンセントを抜き、調節してください。
(2)8~10時間後、かきまぜながら火にかけ95℃まで加熱します。泡が出てくるので取り除き、塩を耳かき1杯分入れます(塩は入れすぎないでください)。
amazake_03 amazake_04
(3)冷水または氷水を入れたボウルで手早く冷やします。冷ます時に手間取ってしまうと白く仕上がりません。 (4)できあがり。アイスでもホットでも楽しめます。完成後は冷凍庫で保存してください。小分けにすると便利です。

 ワンポイントアドバイス

  • 鍋でつくる場合は焦がさないよう注意し、毛布で包んだり、こたつに入れるなどして保温してください。
  • おかゆを混ぜてつくる際は、もち米かうるち米を使用し、お米1合半、水四合半の割合でおかゆをつくります。できたら50℃~55℃に冷まし麹を入れかき混ぜます(かき混ぜにくい時はさし水をしてください)。あとの行程は同じです。
  • 保温の温度が高かったり低かったりすると、酸っぱくなったり、黒くなるので注意してください。酸っぱい場合は、加熱の際に重曹を耳かき1杯入れてください。甘みが足りない場合は砂糖で調節します。
  • 麹だけでつくった方が、甘くさらっとした甘酒ができます。
  • お好みによりおろししょうがを加えたり、鮭の切身などを漬け込んでもおいしくいただけます。